幼児教育についての総合情報サイト

こんなところに注意!

幼児教育のデメリット

幼児教育をおこなう上で、様々なデメリットがささやかれています。
お子さんに幼児教育を施してあげたいと考えている皆さんには、不安が募ることだと思います。
例を紹介しながら、デメリットにも理解していきましょう。

よくデメリットとして言われるのは、幼い内から子どもにあまりにも期待をしすぎてしまうと、子どもがつぶれてしまうのではないか、ということです。
上手く教育と子どもが結びつけば、親としては万々歳ですが、上手くいかないことだってあります。
「同じことをしているのに、うちの子はできない!」「どうしてやらないんだ!」なんてことになって、子どもにつらく当たり、正しい教育からかけ離れてしまう、なんていう例もあるのです。

ではどうすればいいのか

幼児教育を施すうえで、なぜデメリットがささやかれるかを理解していただけたと思います。
では、幼児教育は受けさせないほうがいいのでしょうか。
それは、難しいことですが、あなたが子どものためにどのようにしてあげたいか、を問うことになります。
幼いお子さんが、よりよい未来を生きてほしいと願うのは親のあなたがいちばんなのです。
だからこそ、お子さんともよく話し合って、どんなことをしたいのかを明確にしたうえで、幼児教育をお子さんに受けさせてあげるということが良いのではないでしょうか。
お子さんがまだ幼いと、どうしても親が独占して決めてしまいがちなので、お子さんの医師だけではなく、幼児教育をおこなう幼稚園・保育園などに聞いてみるのもおすすめです。