幼児教育についての総合情報サイト

どこで受けることができるの?

保育園について

保育園は、国などの政府によって、「乳児または幼児」を保育することと定められています。
年齢はかなり幼い子から入ることができるので、夫婦共働きの家族などに人気があるようです。
保育時間は幼稚園よりも長いので、この点でも共働きの家族には人気が高い理由でしょう。

教師にも免許が必要で、管轄は厚生労働省。
児童福祉法にしたがって保育をおこなうのが保育園なのです。
幼稚園と大きな違いはありませんが、受け入れる子どもの年齢や、時間帯、法律などが異なっています。

幼児教育は保育園でも最近では重視され、さまざまなことをおこなっているところもあります。
もし、あなたのお子さんに「幼児教育を受けさせてあげたい!」と思ったときは、保育園も確認してみてくださいね。

幼稚園では?

幼稚園と、保育園とどのような点が違うのでしょうか。
まず、子どもの受け入れる年齢が違います。
保育園では、0歳からでも大丈夫でしたが、幼稚園は3歳になった春から小学校入学前までの子どもです。
時間帯も、保育園よりも早めに終えることが多いですね。
夕方までには子どもを自宅に帰す、ということがメインです。

市立の幼稚園と、私立の幼稚園があり、料金も異なります。
私立ですと、市立よりは少しお高めであることが多いようです。
先生は、保育園と同じで免許が必要です。
文部科学省が管轄しており、学校教育法によって設置されている施設を幼稚園と言います。

幼稚園の方が「教育」をやっているのではないか?とお思いの方もいらっしゃるかもしれませんが、最近では幼稚園と保育園のハイブリッド型の「認定子ども園」なるものもあるのです。