幼児教育についての総合情報サイト

幼児教育とは?基本のキ

受験に向けての幼児教育

幼児教育は、主に能力開発系の教育と、小学校受験に向けて勉強していく教育の二つがあります。
まず、良く聞く小学校受験に向けての幼児教育について解説をしていきます。
これは名の通り、小学校受験に向けて早くから学習の基礎を教えていくというスタイルの幼稚園などを指します。
みなさんのまわりでも、一度くらい聞いたことがあるのではないでしょうか。
小学校受験に向けてですので、国語や算数を少しずつおこなっていうもので、費用もかなりかかります。
ただし、ここで気を付けたいことは、親の希望の押し付けにならないようにすることです。
幼稚園児でも、人間なのですから。
お子さんと相談をしながら、進学については考えていくようにしてくださいね。

能力開発としての幼児教育

もうひとつの、能力開発としての幼児教育とは、皆さんが良くご想像されるようなものではないでしょうか。
最近では、将棋界の新星の彼もそのような能力開発の幼児教育を受けていたという報道などもありましたね。
これらは、様々な種類があるのです。
もっと幼い頃だと、おなかの中にいることから教育を始めるという「胎教」なんていうものもありますが、ここでは幼児教育に注目して解説していきたいと思います。

将棋界の新星が受けたとされる教育は「モンテッソーリ」という人物が始めた教育法です。
これは、子どもの興味関心に合わせて教育をしていくというものです。
最近ですと、詰め込み教育などではなく、子ども自身の興味や関心を広げていく教育が好まれています。